🟠 オプエド出演、参政党が目指す『新しい国づくり』

https://youtu.be/nm4CUzRJVPA?t=597

浅野有香:「コロナ対策追加予算12兆の9割以上が使途不明。こっちの方が問題。このニュースはその目くらましだと思っていますよ」という視聴者の方のコメントがありますが。

神谷宗幣:私も同じような気がしますね。金額が大きかったので使ってしまった人が叩かれてますけど、もし金額が小さくて、知らずに使ってしまったというのなら「行政が悪かったよね」と言って、たぶんこの人は無罪なんですよ。それが意図的にわかっていて、金額が大きいから、それをまた隠そうとしたと。本当だったら「ごめんなさい」して返せば、それで収まったくらいの話じゃないかなと思うんですね。マスコミは、個人を叩くというんじゃなくて、マスコミというのは、国家権力を監視しないといけないんで、監視すべきはそこじゃないだろ、というところですよね。何か、お金が急に降って来たら嬉しいな、でも、そんなの使っちゃダメだろうという、国民の感情を掻き立てるだけのニュースにしていて、マスコミが時間をかけて取り上げるようなテーマでは無いなと僕は思っています。

https://youtu.be/nm4CUzRJVPA?t=1426

(防衛費の増額について)金額で軍事力が強くなるかというと、それは違うと思うんですね。アメリカが来て、ということは、要は「アメリカの武器を買え」ということですよね。アメリカは大体、全体の経済の4割くらいが軍事産業なので、戦争して経済を回さないといけない国なんですよね。いま話題になっているウクライナなども、9月に武器の見本市をやるんですよ。ウクライナで。それを日本のJETROなんかも紹介してたりするんですよ、ホームページで。何やってるんですか?と。助けるんじゃなかったの?武器の見本市をやってる場合じゃないでしょ、という事ですよね。私は、軍事費を上げるのも、防衛費を高めるのも賛成なんですけれども、結局、日本にとっての防衛力は何かというと、アメリカの力を借りずとも、日本が日本で、キチっと防衛できるということですよね。外交力も当然そうだし、情報発信とかも非常に大事で、総合的な防衛力とは何なのかという定義を曖昧にしたまま、軍事費だけ上げれば防衛力増強だというのは、小学生でもわかる馬鹿げた議論ですね。

https://youtu.be/nm4CUzRJVPA?t=1802

サブタイトルで「中国に対抗」ということなんですけど、チグハグだなと思いますよね。本当に中国を封じ込めたいんだったら、ロシアと争うのをさっさと止めて、ロシアを巻き込んで中国を抑え込まないといけないのに、ロシアを叩く事で中国の地位をどんどん良くしているんですよね、アメリカは。そして中国に対抗する為に自由貿易だというのは、全く辻褄が合っていないですし、僕は、日本はもうアメリカにいつまでもお付き合いするのではなく、どちらかと言うと保護貿易の方に持って行く方が、日本の国益にはかなうと思ってるんです。勿論、急に止めるというのは無理でしょうけど、でもやっぱり、アメリカに追随する形はもう少し見直して行かないと、日本の経済はもうだいぶマズイことになっているので、そこを見直して行った方がいいんじゃないかなと思っています。

(子供たちのマスクについて)われわれ参政党というのはコロナに対する対策を打ち出してまして、大人もそうなんですけど、もういい加減外しましょうと。この間、岸田さんもロンドンのシティに行かれてましたけど、もう外してるわけじゃないですか、向こうの人たちは。岸田さんもつけてない。いまバイデンさんと歩いてる写真も、外してるんだから、総理が外してるのに何時まで子供たちに付けさせるの?ということで、確かに飛沫が飛ばないということはあるかと思いますが、暑くなって来ると呼吸も浅くなりますし、そちらの健康被害の方が大きいので、さっさと外すということを、中途半端な発表ではなくて大々的に政府がやるべきだというのが僕たちの意見ですね。

にほんブログ村 ニュースブログへ