🟠🌸 政党DIY『何のための国葬か考えることが重要』

2022.09.09 何のための国葬か考えることが重要【政党DIY】

松田学:アンケート調査をする度に国葬反対が増えて来るというのは不思議な話だなと。むかし、安倍元総理に対しては、モリカケ・桜では、バーッとメディアが盛り上がって、支持率が下がって行ったのとよく似ている。とにかくメディアが騒ぐと反対論が増えて行くという、またこれが出てるので、「言われてみればそうだな、そうだな、税金使って」と、それはいろいろと出て来ると思うんですね。でも私は何の為に国葬というのをやるのか、原点をもう一回考えた方がいいと思ってるんですよ。それは何かというと、日本の国家として、国の意思を内外に表明すると。メッセージを出すということがある、だから税金を使ってやるんだと思うんですね。この場合、何が一番大きなメッセージかと言うと、どうも自民党筋は安倍総理が功績を残したとか、或いは、世界中の首脳が評価をしてるとか、安倍総理が素晴らしい人だったからと、こういう風になりますと当然、反対の人も民主主義の社会でいるわけですから、そっちがワーッと盛り上がってしまう。或いは外交の舞台になるのは確かですしね。その「外交の舞台になる」ということに関しても「税金をこんなにかけるのか?」と言いますが、外交の場としてあんなにコストパフォーマンスの良い場は無いんですよ。世界中の首脳に短い時間でいろんな外交が出来ると。ただもっと根本的なことは、安倍総理の亡くなられ方に大きな問題があったと。現職の総理ではありませんが、前総理で、且つ、現職で、非常に影響力の強い、正に現役の日本の指導者のひとりですよ。その方が、白昼堂々、暗殺をされてしまったと。この事だと思うんです、やっぱり大事なのは。日本がこんな国であってはいけないはずですよね。テロとは断固として戦うんだと、こういう意思を示すからこそ国葬をやる意味があると私は思ってまして。で、この事自体は、反対する国民はあんまりいないと思いますよね。この為に税金を使う意味があるんだと、正々堂々と言えばいいじゃないかと思うんです。

神谷宗幣:そうですね。我々が言って来たのは、国葬にするかしないかの、その線引きを何処でするのかも、今回をきっかけに、きちっと決めておけばいいんですよ。いま松田さんが仰ったような定義でやれるとか、決めておかないとこれからもし、国葬をするかしないか、内閣葬なのかみたいな、毎回、我々は「賛成か、反対か」と聞かれて、その都度みんな世論を見ながらキョロキョロするということが続いて行くんじゃないかと。不毛ですよね。

にほんブログ村 ニュースブログへ