河野太郎「二重国籍」推進発言でまた炎上

f:id:tabby3:20220115215141j:plain

河野太郎氏ロングインタビュー 新年特別企画第2弾 - YouTube

22歳でどっちかを選べというのは、今の現実に合わない。かつてはいろんな国が兵役があって、日本国籍の人が二重国籍だとそちらの国で兵役に行かなければならないという説明があったが、そういう時代ではない。ノーベル賞を取った真鍋先生は、アメリカで研究するために日本の国籍をギブアップしてなければいけなかった。人口がこれだけ減っている日本が、せっかく国籍を持っている人がいるのに、重国籍はダメですというのはおかしなこと。私は二重国籍をしっかりと認めていく、少なくともお互いに認めようという国とは、二重国籍を認めていかなけばならない。

f:id:tabby3:20220115215328j:plain

1.国籍の選択について
日本の国籍と外国の国籍を有する人(重国籍者)は,一定の期限までにいずれかの国籍を選択する必要があります(国籍法第14条第1項)

法務省:国籍の選択について

f:id:tabby3:20210711002057j:plain

国民コメントより抜粋:
蓮舫議員が大喜び!◆その発言、日本の法に抵触し、犯罪です◆お話にならない。立憲民主党そのものですね◆「人口減少の問題を二重国籍で解消しよう」と考えているとは驚き。本当に解消しようとするなら、少子化問題に取り組むべきだ◆詭弁もいい加減にしてもらいたい。兵役を「そういう時代ではない」と簡単に言ってるけど、そんなわけないだろ。国籍持ってたら兵役が課される。日本以外の国籍を持つということはそういうこと◆日本にいたいという人なら帰化してもらえばいいだけ。なぜ二重に国籍が必要なのか?◆大臣、議員や外交官でも二重国籍で問題無いのか?◆テレビと新聞の古代メディアが、必死で持ち上げていただけのことはある。こいつの総理誕生だけは全力で阻止しないとえらいことに◆二重国籍を認めたら実際にどうなるかというと、韓国と日本の二重国籍とか、中国と日本の二重国籍とかが急増して、日本はあっという間に侵略されるわけですね◆要するに河野太郎氏は二重国籍賛成派だということです。ということは、この人がリーダーシップをとるようになったら、いずれ日・中や日・韓の二重国籍を持つ政治家が増えるかもしれませんね。

にほんブログ村 ニュースブログへ